story30_01

事故で足を骨折し学校を休んでいた少女が遭遇する
奇怪な訪問者。


009726

高校3年の夏休みが明けて間もないころ、ちょっとした事故で足を骨折
してしまった詩織(松浦)は、しばらくの間、学校を休むことになった。

父は単身赴任中、母親の佐枝子(市毛)は仕事があるため、詩織は、
ひとりで留守番をしていた。
そのとき、微かにインターホンの音を聞いた詩織が、窓の外に
目をやると、斜め前の家の玄関先に、赤いコートに身を包んだ
黒い髪の女性が立っていた・・・。


https://www.youtube.com/watch?v=6MtZRz0g0iQ
電子書籍 コミック